飲食店開業に向けた物件探し

経営に最適な物件の一般的な特徴

飲食店の経営に最適な物件の一般的な特徴は、厨房機器や大型の空調設備が設置しやすい点にあります。そのためにレストランや居酒屋に最適な店舗物件を探すためにも、飲食業界に特化した賃貸情報サイトを利用するべきです。特に経営規模に合わせて物件を選ぶのがポイントであり、個人が新規に独立開業する場合には、10坪前後の物件が一番手ごろです。また企業が新規出店を進めるときには、駅前やロードサイドの大型物件が適しています。

スケルトン物件の活用方法

店内のデザインにこだわりたいときには、スケルトンタイプの賃貸店舗を活用するのがポイントです。その場合には内装工事費用を正確に見積もったうえで、賃料の割安な物件情報を厳選するのが理想的です。特に和風居酒屋やエスニック料理店のように、店舗のコンセプトが個性的な場合には、スケルトン物件が最適です。一方で内装工事の費用を節約するためには、中古の厨房機器も必要に応じて上手に活用するのが、ローコスト経営のテクニックです。

居抜き物件を活用するメリット

個人が飲食店を新規にオープンするときに注目しているのが、設備がそのまま使える居抜き物件です。造作の買取が必要な居抜き物件が多いので、入居時には設備の買い取りや保証金などの諸条件について十分に話し合うべきです。また開業する業態に最も適した居抜き物件を選ぶことが、開業費用を節約するための秘訣です。繁盛店を目指すためには低コストで出店できることも重要ですが、立地にこだわって繁華街で物を確保するのが良い方法です。

店舗物件は、マンションやアパートなどと違って、かなりの額の保証金を入れなければいけないことが多いです。