賃貸経営をする際の留意点

サラリーマンをはじめとする幅広い層への賃貸経営の普及

不動産投資の対象である投資用物件を購入して行う賃貸経営は、大都市圏を中心に空室のリスクを担保し、一切の管理も請け負うという前提でワンルームマンションの物件を斡旋する業者の増加などの事情から、サラリーマンが副収入源として賃貸経営を行うケースが増えるなど、幅広い層に浸透するようになりました。

しかし、投資用物件の購入は、自らが居住するための不動産物件の購入とはいくつかの点で事情が大きく異なります。そのことを承知した上で物件選びを行わないと投資によって損失が生じてしまうというリスクが高まってしまうのです。

購入前に予め売却に関する計画を策定することが大切

投資用物件の購入が自らが居住するための物件の購入と異なる点の一つが、投資用物件にはいずれ売却の必要が生じるという点です。自己居住用の物件であれば、気に入った物件に生涯住み続けるという選択が可能です。しかし、日本の不動産事情では、築年数が古くなればそれだけ居住対象としてのニーズが下がります。そのため、投資用物件は築年数が古くなるのに従って、収益力が落ちるのです。

ですので、投資用物件については相場次第でいつでも売却を行えるように準備をしておくことと、投資用物件の購入時にその物件の売却時期とその時期における売却額の想定を行った上で利回りを見積もり、購入するか否かを判断することが大切なのです。

不動産投資に向いている物件の特徴

また、投資用物件は不特定多数の人が借りて住みたいと思える物件であることが大切です。自己居住用の物件であれば購入者の希望を満たしてさえいれば良い訳ですが、投資用物件に関しては極力奇をてらわず、無難な仕様となっている物件の方が収益力が高まるのです。

また、日本人の一般的な感覚として自分が住むのであればできれば新築物件に住みたいという傾向があります。しかし、投資用物件はより多額の収益を得ることが目的ですので、築浅の中古物件と比べて著しく購入価格が高くなる割には得られる賃料収入にそれほどの差が無いような新築物件を購入することは得策とは言えません。

このようなポイントを踏まえた上での物件選びが大切なのです。

帯広の賃貸物件に入居する際は一年の気温の変動を考慮する必要があります。盆地特有の寒暖差の激しい気候で、冬の間は雪が積もることから建物の断熱性が高い物件を選ぶことが快適に暮らす条件です。