マンション経営の大原則についてのこと!その注意点

イニシャルコストを少しでも下げる

マンション経営のコツはまずはイニシャルコストになります。つまりは、買うためのコストです。自前でマンションを既に持っていて使っていないのであればそれはよいのですが新しく購入して始めようというのであればさすがにそれなりの費用を覚悟する必要があります。まして、マンションのような高価な物であり、そして、良し悪しの判断が必要でもあるのですからとても慎重になることが必須です。買うための費用を少しでも終えることです。

方法としては競売がよい

買うことの費用を抑える最も有効的な方法は競売になります。競売であれば市価の何分の一、と言う価格で手に入ることが可能性としてあります。但し、リスキーな部分があるのも確かです。具体的にいいますと下見が出来ない点です。ですから、どの程度のリフォームが必要になるのか、ということも考えることが事前にはできないのです。イニシャルコストを下げるつもりで競売を利用してマンションを購入して失敗することもありますから注意しましょう。

いつまでに投資額が回収できるのか

キャピタルゲインではなく、家賃収入になりますからなかなか投資額が回収できないのがマンション経営の難点でもあります。安定して利益を出し続ければ上手く10年強で返済できることもあるのですが、やはり時間的に余裕がある人しかできないタイプの投資、経営であるといえるでしょう。肝心なことは損益分岐点をしっかりと把握することです。そこを目指してますはマンション経営をすることが途轍もなく大事な要素になるわけです。

トラストインベストメントは、魅力ある投資手法のひとつとして、ここ数年のうちに多くの個人投資家の間で注目されることが増えています。