別荘を買う前に最低限知っておきたいこととは

別荘が管理されているかどうかが大事

中古の別荘を購入する場合には、高い買い物になりますので、事前に調査をする必要があります。その調査の対象となるのはまず建物についてです。中古の建物は前に住んだ人がどのような管理の仕方やメンテナンスの仕方をしたかによってその状態が変わってきます。しかもやっかいなのは一見しただけではその住宅がどのように管理されていたかがわからず劣化状態がわからないのです。ですが、素人でもいくつか見るべきポイントはあります。

水回りはよく見ること

一番劣化していては困る部分は躯体になります。躯体がしっかりしていないと大きな地震が来たときに建物が倒壊する恐れもあるのです。それ以外では、水回りが大事になります。実は、水回りが問題なければ大抵の場合、躯体も問題ありません。躯体で問題なのは、湿気によってやられていることが多いからです。例えば、雨漏りがする別荘であれば、湿気でやられてしまっている心配があります。また、水もれが発生している場合も同様のことが言えます。

別荘の周りにも注意しよう

別荘を購入するとなると、どうしてもその別荘の建物ばかりに注目してしまいがちです。あるいはどのくらいの面積があるかに注目するでしょう。ですが、別荘は建物や土地だけではなく、その周りの環境についても知っておくことが必要になります。別荘の周りにガソリンスタンドがあるかどうかやスーパーやコンビニがあるかどうか、そして病院があるかどうかも大事になります。これらの物がそろっていなければ、購入を見合わせた方がいいでしょう。

中古の別荘の価格相場は、築年数や敷地面積、日当たりなどに左右されるため、正しい物件情報を集めることが重要です。